旧約聖書【外典】有名エピソード4選「スザンナ・ユディト・トビアス」など

「旧約聖書【外典】有名エピソード4選「スザンナ・ユディト・トビアス」など」のアイキャッチ画像

こんにちはtomoです!

西洋絵画を楽しむには、旧約聖書や新約聖書、ギリシャ神話などの大きな物語を知っておかないといけません。

映画や漫画や舞台などのコンテンツの元ネタは「聖書や神話」というものはめっちゃあります!

これを改めて知っておくということは「人生の質を高める」といっても過言ではないです。

この記事ではストーリーに重点を置き、ざっくりと名画をたどりながら旧約聖書を理解していきます。

この記事は、「西洋絵画を最高に楽しむには【旧約聖書】のストーリーを読み解くことが重要」の捕捉的な記事です。

この記事を読んでほしい人

・西洋絵画って何だかわからなくていまいち楽しめない

・ちゃんと古典も理解したいけど何を勉強すればいいかわからない

・ポイントだけ抑えてサクッと西洋絵画を楽しみたい

そもそも西洋絵画は「旧約聖書」などの大きな物語の布教のために描かれたものです。

そこに莫大な労力と才能と資金が注ぎ込まれてきました。

文字の読めない一般の人々にも聖書や神話を伝えるために、プロデュースされた国家プロジェクトだったりするわけですね。

日頃は最新の展覧会情報絵画の技法についてなども紹介していて、現代アート寄りな情報発信をしています。

で・す・が★

古典はやっぱり素晴らしく、それなくしては現代も成立しないです。

改めてぼくも古典絵画を学びなおしつつ、わかり易くポイントをブログにまとめていきます。

この記事を読むメリット

・西洋絵画を楽しむためのポイント、旧約聖書のストーリーがわかる

・西洋絵画にはモチーフや色に意味があることがわかる

・古典絵画を読み解くと現代美術や映画、アニメ、漫画などをより深く楽しめる

tomotomo
改めましてこんにちはtomoです。
画歴20年の画家で、現在は高校美術教師をしています。
東京芸術大学日本画科を卒業し、ドイツで現代美術を学んできました。
西洋古典絵画は、事前の知識がないといまいち楽しめないんですよね~。
中・高となにげにキリスト教の私立学校に通っていたので、その知識をベースに「なんとなく」で鑑賞してきました。
正直これまで正面から向き合ってはいませんでした・・・。

あらためて古典絵画と向き合ってみたところ・・・めっちゃ面白いじゃん!!!

というのが最近の感想です。

そこで、わかりやすく旧約聖書の物語を追いながら絵画を紹介していきます。

一緒に楽しみながら学んでいただけたら幸いです。

参考にした書籍ビジュアル図解聖書と名画(中村明子)」、「ビジュアルワイド 図解 聖書と名画(中村明子)」「マンガでわかる「西洋絵画」のモチーフ(池上英洋)」、「マンガで分かる「西洋絵画」の見かた聖書編(池上英洋)」、「キリスト教と聖書でたどる世界の名画」、「西洋・日本美術史の基本」、「西洋絵画の教科書(田中久美子)」、「名画の読解力(田中久美子)」そしてネット上のいろいろな記事です。

スザンナの水浴 ~貞操を貫いた女性信者の鏡~

テオドール・シャセリオー「スザンナの水浴」1839年 / ルーブル美術館

スザンナは、旧約聖書の外典で、豊満な肉体をもった美しい女性として登場します。

彼女は庭で水浴する習慣があり、それを知ったユダヤ人の長老2人に、水浴中に・・・

「自分たちと関係をもたなければ、不貞を働いていると訴えるぞよ」

と脅されます。

旧約聖書 | 水浴するスザンナ
アルテミジア・ジェンティレスキ「スザンナと長老たち」

これをスザンナは「死んでもイヤ!!」とはねのけます。

そのせいで当時の法律で、死刑にあたる姦通罪で訴えられます。

しかし、長老2人の嘘が、裁判で預言者ダニエルによって暴かれ、スザンナは助け出されます。

身持ちの堅いスザンナは、女性信者の鏡でありキリスト教では美徳のエピソードとして語られています。

その一方で、画家たちやパトロンからするとルネッサンス期以降、女性の裸を描く合法的なチャンス!

絶好の口実となり、しばしばモチーフにされています。

めっちゃありますね(笑)↓

よく描かれるモチーフ

スザンナ(裸の女性)、老人2人、水場

預言者ダニエル ~四大預言者のひとり~

ミケランジェロの預言者 | 絵を見よう
ミケランジェロ「預言者ダニエル」 / システィーナ礼拝堂

先ほど紹介した、スザンナを救ったことでも有名なダニエルを紹介していきます。

南ユダ王国は新バビロニア王国のネブカドネザル王に征服され「バビロン捕囚」されます。

その中で優秀な若者は、新バビロニアの宮殿に召し出されました。

ユダ出身の美青年ダニエルもそのひとりです。

ネブカドネザル王の夢を解くなどして信用を得ました。

ヨセフのエピソードにそっくりですね。

奴隷になり → 夢解きで出世のパターンです。

そのせいかエピソード全体もなんだかふわっとしてます。

さて、王の信用を得ていたダニエル。

ある日、副王ベシャザルが宴会を開いていたとき、突然手が現れて壁に文字を記しました。

レンブラント・ファン・レイン《ベルシャザールの饗宴》

壁に浮かび上がった文字を読み解けたのはダニエルだけで、そこには「王国が分裂する」という意味でした。

まさにその夜、アケメネス朝ペルシャに攻め込まれ、ベシャザル副王は殺害されてしまいます。

そして新バビロニア王国も分割され滅亡。ダニエルはペルシャの奴隷になりますね。

優秀なダニエルはペルシアでも王から重用されましたが、そのことでほかの家臣たちからの嫉妬を受けます。

策略によって罪をきせられたダニエルは、ライオンの巣窟に放り込まれます。

旧約聖書 | ダニエルとライオン(しし)
ルーベンス「ライオンの穴の中のダニエル」1614~16年頃

しかし、ライオンの口は神が送った天使によって閉じられており、ダニエルは無事に生還しました。

ダニエルは、イザヤ、エレミヤ、エゼキエルとともに、キリスト教の4大預言者とされます。

それはダニエルが残した預言に、「キリスト、最後の審判、復活」などが啓示されているためです。

よく描かれるモチーフ

ダニエル、ベシャザル、ライオン、ネブカドネザル、手(のみ)、浮き上がった文字

ユディトとホロフェルネス ~自立する女性のシンボル~

ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョ「ホロフェルネスの首を斬るユディット」

ユディトも旧約聖書が遺伝に登場する女性です。

エルサレム郊外のベトリアの街に住む、美しい未亡人でした。

ある日、ユディトの住む街は強国アッシリアに責められ、将軍ホロフェルネスの軍に包囲されてしまいます。

籠城していたが、食料が尽きそうになった時ユディトはアッシリアに寝返ったふりをして敵の祝宴にのり込みます。

そして、将軍ホロフェルネスを泥酔させて首を斬り落とします!

将軍を失ったアッシリア軍は士気が乱れ、街から撤退しました。

この物語では、ユディトが首を落とすシーンがよく描かれます。

街を救った勇敢な女性信者として人気があります。

時代によってさまざまな意味づけされてきたエピソードです!

反宗教改革期(16世紀)には「罪に対する勝利」のモチーフ

男を滅ぼす運命の女「ファム・ファタル」

19世紀末には「自立する女性」

よく描かれるモチーフ

ユディト、ホロフェルネス、侍女、剣

トビアスと天使

レオナルド・ダ・ヴィンチ《トビアスと天使》1470年から1480年 / ナショナル・ギャラリー

トビアスと天使の物語は、ニネベに住む盲人のトビトが息子トビアスを貸したお金の回収に行かせるところから始まります。※ニネベは預言者ヨナが遣わされた街

神は旅の案内役に大天使ラファエルを遣わし、トビアスはラファエルの力を借りて集金の旅に出発します。

・・・いきなり大天使ラファエル!

なぜこんな大盤振る舞いかというと、トビトが善行の人であること。

そしてこのエピソードの最後にトビアスが結婚するサラに憑いた悪魔を追い払うためでした。

ま~、こんな安全な旅は無いです。

何の問題もなくラファエルの力を借りて集金を終え、途中、ラファエルは魚を捕まえて持って帰りつつ、ニネベにもどってきます。

そこで出会ったサラにトビアスは一目惚れします。

サラと結婚しようとしますが、そのサラは悪魔アスモダイに取りつかれており「7回結婚して、7回とも夫が初夜に死んだ」ことで死を願うようになっていました。

親戚に止められるもトビアスはサラと結婚することを決めます。

ラファエルは初夜の夜、トビアスに魚の肝を火にくべさせ神に祈らせました。

悪魔アスモダイはその匂いで逃げ出します。

また、その魚の肝を父トビトの目に塗ると目がみえるようになりました。

めでたし、めでたし。

そんなに、すごいお話ではないのですがこちらも大人気の話でたくさんの絵が残っています。

なぜかというと、金融業界からの注文があったからですね!

金融都市として栄えた、フィレンツェやシエナで特に好まれました。

「世界一安全な借金回収の話」

ともとれるこの話は、お守りとして大人気!

ボッティチェッリの絵なんて・・・、天使ましましの最強パーティで、はじめてのお使いしてます(笑)↓

ボッティチェッリ「トビアスと天使」

話には出てこない、大天使ガブリエルと大天使ミカエルまでいます。

それだけ、お守りとしての意味合いが強かったことがわかりますね。

よく描かれるモチーフ

トビアス(少年)、大天使ラファエル、魚、犬、トビト(老人)、箱

まとめ:旧約聖書【外典】スザンナ・ダニエル・ユディト・トビアスと天使など

今回は、旧約聖書の外典に載っている人物とそのエピソードを紹介してきました。

外典もいろいろあって、その扱いもキリスト教・ユダヤ教・イスラム教でも違っています。

メインの正典からすると、天地創造やノア、モーセのような大スペクタクルなものはなく少しさみしげですね。

本編終了後のスピンオフ作品感はいなめないですw

それでも、特化した人気のあるエピソードが今回紹介した、スザンナ・ダニエル・ユディト・トビアスと天使のような話です。

ほかにも、ヨブや美女エステルなどもあるのですが、今は割愛させてもらっています。

本編の深堀のほうを進めていきたいです。

正典のほうをまだチェックしていない方は関連記事からどうぞ。

ではまた!

関連記事

西洋絵画を最高に楽しむには【旧約聖書】のストーリーを読み解くことが重要

美術史を学べる書籍などもあり、Kindle Unlimitedのアート本紹介