【アート思考】VUCAの時代を生き抜くために!高め方&解説

「【アート思考】VUCAの時代を生き抜くために!高め方&解説」のアイキャッチ画像

このカテゴリーでは「アート思考をビジネスに生かす」をテーマに発信しています。

この記事を読んでいるあなたは、漠然とした不安を抱えて生きるビジネスパーソンではないでしょうか?

【アート思考】についてビジネス業界から注目が集まっています。

アート思考の本を書店で見かけることも多くなってきました。

よくある意見・疑問

・アートはよくわからないけど教養として学んだほうがいい

・ビジネスに生かすって具体的には?

・アート思考って結局なんなの?

現代はVUCAの時代と言われています。

「VUCA」
Volatility(変動性・不安定さ)、
Uncertainty(不確実性・不確定さ)、
Complexity(複雑性)、
Ambiguity(曖昧性・不明確さ)

変化が激しく不確実な世の中であるということですね。

変化に対応していくために【アート思考】を取り入れる企業やビジネスマンが増えています!

この記事を読むメリット

・アート思考の概要がわかる

・アート思考の高め方がわかる

・なぜアート思考がビジネスで重要なのかわかる

tomotomo
改めまして、こんにちはtomoです!
ぼくは画歴20年の画家で、現在は高校美術教師をしています。
東京芸術大学を卒業し、卒業後はドイツで現代アートを学んできました。
アートの知識を使って世の中に価値を提供していきたくてこのブログを始めました^^

デザインの仕事などもやっております。

ビジネスを展開する【アート思考】の実践者として経験をお伝えしていきます!

【アート思考】とは?

アート思考とは・・・

「アート思考とは、クリエイターのアイデア、感情、信念、哲学の表現を目的とし、限りない試行錯誤を経て自分の哲学を成し遂げようとすること」であると定義しています。(一橋大学イノベーションセンター長の延岡健太郎教授より)

フーフー
感情?信念?テツガク・・・?
tomotomo
アーティストのように考えようってことだよ
フーフー
ん〜・・・まだわからない!

「アートを植物に例える」と・・・

「アートという植物」は、3つの要素からできています。

表現の花:作品

興味のタネ:興味・好奇心・疑問

探求の根:作品が生み出されるまでの長い研究の過程

出典:13歳からのアート思考

注意しなければならないのは、空間的にも時間的にもこの植物の大部分を占めるのは、目に見える「表現の花」ではなく、地表に顔を出さない「探求の根」の部分です。

アート作品にとって本質的なのは、作品が生み出されるまでの過程の方なのです。

「美術」の授業で依然として行われている「絵を描く」「ものを作る」「作品の知識を得る」という教育は、アートという植物のごく一部である「花」にしか焦点を当てていないことになります。

美術館で作品を見ても・・・

「どこかで聞いたことのあるウンチクを語ることしかできない」

「よくわからない」「きれい」「すごい」などしか言えない

という悩みを耳にしますが、それは日本の教育が「探求の根」を伸ばすことをないがしろにしてきたからなのかもしれないですね!

tomotomo
アート思考とはアーティストの思考法を取り入れることで、柔軟にものごとを考えたり、自らの美意識で直感的に判断していくことを目指しています!

≫【13歳からのアート思考】大人になると「アート思考」できなくなる衝撃の理由とは?

【アート思考】=【美意識】を鍛えること

アート思考を身につけるためには、美意識を鍛えていくことになります。

美意識を鍛えるには、アート・哲学・詩などの方法が有効です。

美意識を鍛えることの重要性は日増しに確実に高まっています。

それと同時に「正解」や「常識」といった論理的な結論や経験則から見えてくる対応策に限界が来ているため、相対的に価値が上がっているとも言えます。

現代の日本の生産性の低下の原因もここにあるのではないでしょうか?

画一的な考え方、思考停止の没個性的な仕事ではイノベーションは生まれません。

そして、単発のイノベーションだけでも成功できないので【アート思考】を取り入れていこうという流れができています。

≫【美意識を鍛える】イノベーションよりも世界観とストーリーが重要な理由

【アート思考】と【デザイン思考】の違い

アート思考は、自分自身を通した考えやアクション効率性や機能性よりも「こだわり」を重視する。

デザイン思考は、問題解決を目的に顧客のための「必要な機能の開発」を重視しています。

一橋大学イノベーションセンター長の延岡健太郎教授が、2016年にPICMET (Portland International Conference on Management of Engineering and Technology) のカンファレンスで発表された資料によれば、アート思考とデザイン思考の違いについて、次のように記されています。

資料を元に表を作成しました

どちらがよいかというのは、場合によるとしか言えません。

しかし、デザイン思考というのは非常にロジカルで、今後AIに取って代わられる分野とも言えます。

デザイン思考とロジカル思考は、ほとんど同じものです。

アート思考のように、クリエイターの「やりたい!」「作りたい!!」の熱こそ、それまでになかった選択肢を生み出すことのできる方法なのではないかと考察されています。

【アート思考】と【デザイン思考】の違いをより詳しく知りたい方はこちら

【アート思考】の本おすすめ

「アート思考 ビジネスと芸術で人々の幸福を高める方法」 秋元雄史

アートをビジネスに生かすには?という視点で書かれています。

東京芸術大学美術館館長・教授、および練馬区立美術館館長の著者がアート思考について書いています。

アート思考とデザイン思考など相反する要素を包括的に解説してくれています。

少々断片的なコラム集的な要素のある本なので、気になったところだけ読むのもアリです。

アート思考の入門書としてオススメです!

≫アート思考の本を他にも探している方はこちら

アートリテラシーを高めて【アート思考】を身につける

アートリテラシーを高めることで、アート思考を身につける土壌を作ります。

アート思考の考え方を学んだあとは、アートリテラシーを鍛えていく流れになります。

美術館に行ったり、作品を作ったり、絵やポストカードを飾ってみたり。

日常にアートの知識を活かして彩りを加えていきましょう!

即効性はありませんが、徐々にアート思考は身についていきます。

≫アートリテラシーを高める方法についてはこちら

【アート思考】をビジネスに生かす

アートの持つ可能性は今後より一層高まっていくと確信しています。

日本ではアートに対する税制優遇なども薄く、アートを所有することもまだまだ一般的ではありません。

余談ですが、アート作品の購入は経費にすることもできるので、ぜひ利益の余っている経営者の方は気に入った作品を買ってみてください。

投資対象としてはアート作品はおすすめできません。

ほとんどの作品が時のふるいにかけられて消えていくものだからです。

とはいえ日本のアート業界の維持・発展にはアートリテラシーと流通資金がもっと必要です。

パトロン的な気持ちでアーティストを支援してもらえたら嬉しいです。

アート思考を鍛えていくと・・・

これまでに気づかなかった、ビジネスチャンスとの出会いもあるかもしれません。

先進的な企業もアートを社内に取り入れるなど欧米にならった動きが活発になってきています。

ぜひ一緒に「アート思考」を身につけてVUCAの時代を生き抜いていきましょう。

それではまた!

関連記事↓

アートリテラシーを高めて豊かな人生を目指す!
Twitter / Please follow me!
アートリテラシーを高めて豊かな人生を目指す!
Please follow me!