【実践】豊かな人生のために!アートリテラシーを高める方法5選

「【実践】豊かな人生のために!アートリテラシーを高める方法5選」のアイキャッチ画像

Hallo!

こんにちはtomoです!

画歴20年の画家で、東京藝術大学を卒業しドイツ留学を経て、現代アーティスト、教師、デザイナー、ブロガーとして活動しています。

このブログでは「アートリテラシーを高めて豊かな人生を目指す」をテーマに発信しています。

フーフー
アートに興味はあるけど何から始めればいいかわからない
tomotomo
大丈夫です!このブログで知識・技術・機会を得られますよ!
一緒に楽しんで学んでいきましょう

アートリテラシーとは

『アートの知識、アートから情報を読み取る力、アートを表現する力』

のことです。

この記事を読んでほしい方

・アートリテラシーを高めて人生を豊かにしたい

・美術館に行きたいけど、どこに行けばいいかわからない

・アートリテラシーを高める本や画集を知りたい

アートリテラシーという言葉を知ってる時点ですでにリテラシーが高い!

そんなあなたにこのブログを読んでもらうと・・・

アートリテラシーが高めるメリット

・世界が変わって見える

・常識を疑う力が育つ

・新たな発見や創造などができる

つまり・・・人生がより豊かになります!

お金や名誉や地位があっても、あんまり幸せそうじゃない人いますよね?

もちろんあるにこしたことはないですが、それだけでは幸せにはなれません。

「人はパンのみにて生きるにあらず」

ぼくの好きなキリストの言葉です。

クリスチャンではありませんが(笑)

アートリテラシーについてもっと知りたい方はこちら

アートリテラシーを高める5つの方法

ここからはアートリテラシーを高めるための具体的なアクションプランを5つ紹介します。

内容は・・・

  • 美術館に行く
  • ギャラリーに行く
  • 本や画集を読む
  • 作品を作る
  • 作品を飾る

です!

【美術館・ギャラリー・本や画集】でアートの基礎知識を身につけよう

  • 美術館に行く
  • ギャラリーに行く
  • 本や画集を読む

この3つは「アートの基礎知識」を身につけることです。

【美術館】最強のアートスポットへGO!

アートリテラシーを高めるために美術館をおすすめしている理由は、

アートは体験するものだからです。

“百聞は一見にしかず”という言葉がある通り、直に見るというのは一種の体験です。

美術館やギャラリーで美術を体験することをもっともオススメしているので、本や画集だけでなく実際にアートのある空間に行ってみましょう。

美術館に行くことはアートリテラシーを高める王道の方法です。

美術館に日常的に行く人はあまりいないのではないでしょうか?

あまり身構えずに、森や湖などの自然に遊びに行くように気軽に楽し見ましょう。

ところで日本にどれくらい美術館があると思いますか?

文部科学省の調査結果からざっと出すと文部科学省が3年おきに実施している『社会教育調査』(平成23年度)によると、美術館(美術博物館)は452施設、東京都だけで110施設もあるそうです。

tomotomo
さて110施設から、今日はどこに行こうかな?
フーフー
決めるだけで1日終わる!!

案外そんなことになりがちなので、お気に入りの美術館を1〜3つほど決めておき、そこからリサーチすることをオススメします。

この記事ではおすすめの美術館を10施設紹介します。マニアックな美術館は別の記事で紹介しているので、こちらは王道編だと思って見てください。

常設展示(各美術館が持っているコレクションを展示している物)をオススメできる美術館を基準に選びましたので、何も調べなくても開館している日に行けばそれなりに楽しめます!

王道の東京都の美術館に興味がある方はこちら

次は少しマニアックな美術館の紹介記事です。

tomotomo
ちょっとマニアックですが、好きな人には突き刺さる!

とがった展示をしていたりするので、小さな美術館ですがインパクトは特大です!

癒し」よりも「非日常的な刺激」を求めるならこちらがおすすめです!

それぞれに良さがあり、前回紹介した王道の美術館を入門編とすると、

この記事で紹介する美術館は中級者編となっています。

オススメ個性派美術館を知りたい方はこちらへ

ギャラリーについても紹介していきます。

ギャラリーは「よくわからない」「入りづらい」「どこにいけばいいかわからない」

などの悩みありますよね?

ギャラリーの種類、ギャラリーでの注意、それぞれのギャラリーの特徴についてお伝えします。

ギャラリー巡りは無料でできますし、まだまだ日常的に行っている人は少ないので知っておくだけで日々の生活や休日の質をグッと高めることができます。

そんなきっかけになれたら幸いです!

この記事を読むメリット

・レンタルギャラリーとコマーシャルギャラリーの違いがわかる

・ギャラリーでの作法がわかる

・ギャラリー巡りの地図に使える

・ギャラリーに行くことを日常の選択肢に入れることができる

ギャラリーに興味がある方はこちら

【本や画集】を読む!賢者からの知恵を学べる

続いては書籍や画集を読んだり、眺めることをおすすめします。

ここでは、書籍で得られる情報にどんな価値があるか紹介したいと思います。

美術系の本と言っても様々な種類の本があります。

・画集

・個人の私見をまとめたもの、タレント本が多い

・芸術家自らが書いた自伝的なもの

・専門家の評論本や研究書

・美術手帖などの雑誌が自ら企画編集して出版しているもの

などがあります。

美術館では圧倒的体験をできるのですが、どうしても断片的な情報になってしまいます。

なので書籍などで広く知識を持っておくとより美術を楽しむことができます。

たくさんあるので、まずは好きな芸術家が扱われているものをおすすめします。

これらの本から得られるものは、作家のバックグラウンドや直接的な思考などです。

作品を見たり体験するだけでは知ることのできない、客観的情報や制作の裏側を知ることができます。

tomotomo
事前の情報を持って美術館で鑑賞すると同じ作品でも全く違って見えますよ!

移動時間に聴ける本の紹介をしています。無料で試すことができます!

美大生に向けて本をまとめた記事です。アート本は上位の3つほどです。

最高のアート体験は【作品を作る】こと!

・作品を作る

実際に作品を作ることで作家の苦労や楽しさを酸いも甘いも追体験することができます。

自分で作品を作ることで・・・

より深く作家の背景に共感することができるようになります!

また技術的な関心などそれまで意識していなかった要素に気づくこともできるでしょう。

グループ展や個展などの体験にも発展させることができるので、自分の世界を広げることができます。

こちらの体験はセルフで始められるのでお手軽とも言えますね。

とはいえ、本格的に始めると相当な沼です笑

tomotomo
でも、楽しい!

初心者向けの講座で基礎のデッサンから抽象画の描き方や風景画の描き方など継続していくためのポイントやおすすめの画材などを紹介しています。

これまでにアートを続けてきたのも、これからも続けていくのも楽しいからです。

なかなか上手くならないなどの悩みもあるかと思いますが、一緒に頑張っていきませんか?

詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

自宅をアートスポットに!【作品を飾る】

・作品を飾る

これはぜひとも取り入れて欲しい習慣です。

まずはちょっとしたポストカードなどでもいいと思います。

好きな作家のポスターやジークレー(複製品)などを飾ることによって、無意識レベルで影響を受けることができます。

人間はカメレオンのように周りに合わせて自分を変化させる生き物です。

周りに置いてある物や日々出会う人、話す言葉など、何気ない一つ一つの積み重ねがあなたという人を作り上げています。

気に入ったアート作品などを、ちょっとした空間に飾ることで日常に変化を起こすことができます!

ぼくも自分の作品や、バーネット・ニューマンのポスターなどを壁にかけています。

初任給で一番最初に買ったのは額とポスターでした。

最近では気軽に始められるサブスクリプション型の絵画レンタルなども始まっています!

フーフー
両親にプレゼントとかじゃ無いんだね
tomotomo
グサッ
tomotomo
・・・気軽にアートを飾ってみましょう!

アートリテラシーを高めて豊かな人生を目指す!

アート リテラシーを高めていくには総合的なアート体験が必要になります。その上である程度の知識も必要になりますので以下の記事も参考になさってください。

楽しく学べるアートの基礎知識はこちら

アートリテラシーを高めて豊かな人生を目指す!
Twitter / Please follow me!
アートリテラシーを高めて豊かな人生を目指す!
Please follow me!